観葉植物インテリア

観葉植物を選ぶポイント/作りたい部屋の空間イメージを決めること

インテリアとして配置する観葉植物の楽しみ

観葉植物は、部屋の空気を和らげてくれると同時に、部屋全体の雰囲気も自然な感じがするイメージにつくりあげてくれます。植物は、毎日過ごす部屋のイメージを決めてから選ぶとよいでしょう。インテリアとして活躍してくれる観葉植物は、自然と一体感を味わうことができる植物です。

インテリアとして配置する観葉植物選びのポイント

インテリアとして配置する観葉植物選び
部屋の環境によっても異なりますが、部屋に配置する観葉植物選びでは、ある程度のパターンがあります。このパターンを抑えておけば、その後のアレンジは自由自在にできるようになります。

部屋の環境を知りましょう

steel-frame interior plant.jpgまず、日当たりなど、部屋の環境を考えましょう。いくら日陰に耐える観葉植物でも、まったく日が当たらない場所では成長することができません。日当たり条件は、部屋の向きや窓の大きさ、季節による日当たりの変化といったことにも左右されますので、一度じっくり調べてみるとよいでしょう。観葉植物が痛むので、エアコンの風があたる場所は避けるようにします。また、日頃部屋の中をどう利用しているかを考えて、邪魔にならない場所を選ぶようにしましょう。

各場所の特徴と観葉植物選びのポイントは?

各場所の特徴と観葉植物選びのポイント次に、どこにどんなタイプの観葉植物を配置したらよいかを考えましょう。おすすめは、部屋にシンボルツリーを置くことです。庭では、フォーカルポイントといって、まず人々の視線を集める場所をどこにするか、どう演出するかを決めます。インテリアでも同じように、部屋に入った時に最初に目に入る、その部屋のシンボルになるような大きな植物を置くと、インテリアの雰囲気作りに効果的です。シンボルツリーとして各タイプ(スタイリッシュ、暖かい空気を創る等)に適した植物を置くだけでも、それぞれ狙ったタイプの印象のインテリアになります。また、部屋に大きな植物があると、インテリア全体が締まって見えます。

部屋の図面

【窓際のコーナー】

場所の特徴:日当たりが良い。よく利用する場所でもある。
おすすめ観葉植物:大きい窓なら、床置きできる中型のもの。うっかり倒してしまわないように、邪魔にならないもの。日なたの環境を好むもの。

【部屋のコーナー】

場所の特徴:角になっているので、とくに柔らかい雰囲気にしたい場合などには隠したい場所。また、ドアから対角線上に位置する場合、ドアを開けて最初に目に入りやすい。
おすすめ観葉植物:シンボルツリーになる大きなもの。

【テーブルの上】

場所の特徴:普段利用する場所。
おすすめ観葉植物:邪魔にならない小ぶりなもの。あまり大きく広がらないもの。

【部屋の中心】

場所の特徴:部屋の中間地点。活動スペースと、くつろぎスペースの境目になることもある。
おすすめ観葉植物:部屋のアクセントになる中型のもの活動スペースとくつろぎスペースが明確に分かれている場合には、ここにシンボルツリーとなる大きなものを配置して、目隠しにしてもよい。中央に大きなものを置くと、部屋の奥行き感が増す。ただし、あまり広がらないものがよい。

【チェストの上】

場所の特徴:部屋に入ってすぐには目に入らないが、その場所の個性をあらわすのに適した場所。
おすすめ観葉植物:チェストの上に乗る中型~小型のもの。個性的な植物で印象付けを。

【壁】

場所の特徴:何もないと、のっぺりとした印象になりがちな場所。壁面に変化をつける工夫をしたい。
おすすめ観葉植物:ミニタイプの観葉植物など吊り下げられるもの。

ページトップへ


観葉植物・インテリア実例

白い壁が部屋全体をしめるときに

白い壁が部屋全体をしめるときに

部屋の壁に植物の影が映って、陰影を持たせることができるように、葉や茎がしっかりとしたものを選びます。夜になれば部屋の灯りから、影を作って雰囲気を演出してくれます。

テーブル上にアクセントを作る

テーブル上にアクセントを作る

茶色の家具と合わせても違和感のない観葉植物は、白色の鉢と組み合わせて置くと清涼感を増した印象になります。部屋のインテリア中で明るい印象を作ってくれます。

家具の隙間をシャープに

家具の隙間をシャープに

ソファなどの家具の隙間に観葉植物を配置することによって、部屋全体のインテリアがシャープな印象の空間を作ります。バランスがとれた観葉植物を配置する事が重要です。