観葉植物・種類一覧【01】

スポンサードリンク

次のページへ

アイビー

アイビーLinkIcon

ウコギ科

北アフリカ、ヨーロッパ、アジアに広く分布常緑性では茎はつる性になり、多数の木根が出て、壁などに付着します。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。丈夫で環境に適応しやすいです。  

管理温度 0℃~25℃

アジアンタム

アジアンタムLinkIcon

ワラビ科

繊細な印象の葉に光が当たる様子が美しく、また涼しげな雰囲気が魅力。肥料は月に一回液肥を与えます。乾燥に弱く、乾燥すると葉がチリチリなるので鉢土が乾かないように管理しましょう。

管理温度 5℃25℃

アシスタシア

アシスタシア

キツネノマゴ科

インドフィリピンアフリカが原産。夏から秋にかけて、花も楽しむことができます。斑入の品種が植物として利用されます。肥料は一ヶ月に一回、粒状肥料を与えます。過湿には注意しましょう。 

管理温度 10℃25℃

アスパラガス

アスパラガスLinkIcon

ユリ科

アジア、ヨーロッパ、アフリカに分布。葉は進化しており葉のように見えるのは小枝が扁平になったもの。肥料は、成長期に小さじ一杯程度の粒状肥料を与えます。伸びたつるは早めに取りましょう。

管理温度 10℃25℃

観葉植物図鑑アスプレニウム

アスプレニウム

チャセンシダ科

世界の熱帯からがん寒帯の地域に800種類あります。根元からへら状の葉を伸ばし、葉の形状は様々です。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。湿気が多い環境を好むので、霧吹きで葉水を与えます。 

管理温度 5℃25℃

観葉植物図鑑アデニウム

アデニウムLinkIcon

キョウチクトウ科

アラビアから東アフリカに広く分布しています。根元がふくらみ、水分を蓄えています。花を観賞する品種もあります。肥料は、二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。バダニとカイガラムシに注意します。  

管理温度 10℃~25℃

観葉植物図鑑アビス

アビスLinkIcon

チャセンシダ科

熱帯アジアから太平洋諸島分布している「シマオオワタリ」の品種。つやのあるライム色の葉に人気があります。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。湿気が多い環境を好むので霧吹きで葉水を与えます。 

管理温度 5℃25℃

観葉植物図鑑アフェランドラ

アフェランドラLinkIcon

キツネノマゴ科

一般的に出回るのは「スカロサ」という種類。熱帯アメリカ原産で多くの種類があります。肥料は、成長期に二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。夏は日陰に置き、冬はガラス越しの日光に当てます。 

管理温度 5℃25℃

次のページへ

ページトップへ