観葉植物・種類一覧【02】

スポンサードリンク

前のページへ

次のページへ

アレカヤシ

アレカヤシLinkIcon

ヤシ科

マダガスカル島原産。現地で幹の高さは8mほどにもなり、葉が落ちた痕が竹の節と似ているのが特徴です。肥料は成長期に二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。成長期は普通、冬は乾燥気味にします。

管理温度 10℃25℃

アロエ

アロエLinkIcon

アロエ科

アロエは身近な植物として親しまれていますが、「プカテリス」は個性的な形でスタイリッシュな空間を演出します。肥料は成長期に二ヶ月に一回粒状の肥料を与えます。冬は水やりをしません。

管理温度 5℃30℃

アンスリウム

アンスリウムLinkIcon

サトイモ科

熱帯アメリカなどに約600種あります。花のように見える部分は「仏炎苞」と呼ばれ、花は突き出たぶぶんです。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。水を好みますが、冬は、乾燥気味にします。

管理温度 10℃~25℃

エクメア

エクメア

パイナップル科

南アフリカの熱帯地域に約150種あります。多くは樹木の幹に着生して成長します。肥料は、成長期に十日に一回液肥を与えます。筒部分に水をためないように注意します。冬は乾燥気味にします。

管理温度 10℃25℃

インドゴムノキ

インドゴムノキLinkIcon

クワ科

インドからマレーシア半島産。インドゴムノキで出回る品種の多くは「デゴラゴムノキ」という品種で、葉が大きく楕円形です。肥料は、成長期に二ヶ月に一度粒状肥料を与えます。冬は乾燥気味にします。  

管理温度 5℃~25℃

エバーフレェッシュ

エバーフレッシュLinkIcon

マメ科

ネムノキの仲間で、夜になると葉を閉じます。土が乾ききらないようにしますが、いつも水に浸かった状態なならないようにします。時々葉水を与えます。肥料は成長期に液肥を二週間に一回与えます。  

管理温度 10℃25℃

エレンダニカ

エレンダニカ

ブドウ科

熱帯・亜熱帯アフリカ、東南アジアン分布するシッサスの1種です。光沢ある濃い緑色な葉は大きく切れ込みが入り、茎はつる性で、巻きひげがあります。肥料は成長期で二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。

管理温度 5℃~25℃

オーストラリアンビーンズ

オーストラリアンビーンズ

マメ科

オーストラリア、ニュージーランド、ニューガレドニアに分布しています。大きなタネの中心から、芽が出る姿がユニークで、ミニ観葉植物として好まれます。肥料は成長期に二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。  

管理温度 5℃~25℃

前のページへ

次のページへ

ページトップへ