観葉植物・種類一覧【07】

スポンサードリンク

前のページへ

次のページへ

ハートカズラ

ハートカズラLinkIcon

ガガイモ科

茎はつる性です。多肉質で、地下に大きな塊茎をつけるものが多くあります。ハート形の葉が特徴です。肥料は春と秋に月一回粒状肥料を与えます。夏は明るい日陰の場所で管理しましょう。  

管理温度 5℃~25℃

ハイビスカス

ハイビスカス

アオイ科

熱帯から亜熱帯に分布。観葉植物としては、葉に斑が入った品種が利用されます。赤色の花を楽しむこともできます。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。夏は明るい日陰で、葉をいためない様にします。  

管理温度 5℃~25℃

ヒポエステス

ヒポエステス

キツネノマゴ科

南アフリカ、マダガスカル、南西アジアなどに分布しています。葉に入る斑点の様子から「ソバカスソウ」とも呼ばれます。肥料は2週間に1回液肥を与えます。夏の直射日光を避けます。

管理温度 5℃~25℃

フィロデンドロン

フィット二ア

キツネノマゴ科

南アメリカ原産で、観葉植物としていち早く取りいれられました。茎はつる性です。日陰の場所でもよくたえますが、時々明るい場所に出してやりましょう。


管理温度 10℃~25℃

ヒメモンステラ

ヒメモンステラLinkIcon

サトイモ科

熱帯アメリカが原産です。棚やサイドテーブルなどを飾るのに適しています。茎はつる性で、気根を出します。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。年間通じて明るい日陰で管理します。

管理温度 5℃25℃

ピレア

ピレア

イラクサ科

熱帯・亜熱帯を中心に全世界に分布しています。下草としての利用にも人気があります。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。水はけのよい土で植えつけ、土が乾燥したら水を与えます。  

管理温度 5℃25℃

ジャガランタ

フィカス・プミラLinkIcon

クワ科

葉の形はハート形で、小型です。おもに斑入りの品種が好まれます。茎はつる性で、気根を出して育ちます。肥料は成長期に2週間に一回液肥をを与えます。斑入り種は、直射日光に注意します。

管理温度 0℃25

フィカス・ウンべラータ

フィカス・ウンべラータLinkIcon

クワ科

熱帯アフリカ原産です。ハート形の葉は、葉脈がはっきりとしており、みずみずしく彩られます。幹は白色で特徴があり、全体に存在感があります。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。  

管理温度 10℃25℃

前のページへ

次のページへ

ページトップへ