観葉植物・種類一覧【08】

スポンサードリンク

前のページへ

次のページへ

ユーフォルビアセドロルム

ユーフォルビアセドロルム

トウダイクサ科

アフリカ原産。乾燥地帯に適するように進化した。多肉植物。形よく育ち、スタイリッシュな空間を演出します。ごく小さな葉をつけます。肥料は春と秋に粒状肥料を少量与えます。土が乾いてから水やりをします。

管理温度 5℃25℃

ユッカ

ユッカLinkIcon

リュウゼツラン科

北アフリカから中央アジア・南アフリカにかけて60種類ほどがあり、ほとんどが乾燥地帯で生息し乾燥と暑さ、寒さに強い性質があります。肥料は春と秋2回粒状肥料を与えます。

管理温度 5℃25℃

ラセンイ

ラセンイ

イグサ科

くるくるとらせん状に伸びる線上の葉が特徴です。斑が入る品種もあります。畳を作るい草の仲間です。湿地に育つ植物なので乾燥に注意します。肥料は成長期に二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。

管理温度 0℃~20℃

リュウビンタイ

リュウビンタイ

リュウビンタイ科

常緑性のシダの仲間です。現地では葉の長さが1mにもなります。寒さには比較的強く、ベランダでも越冬します。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。葉水十分あたえます。

管理温度 5℃~20℃

プテリス

プテリス

ワラビ科

世界の熱帯・亜熱帯を中心に約300種あり、一部は薬草や食用にも利用されます。肥料は液肥を二週間に一回与えます。乾燥しないように葉水を与えます。直射日光は避けましょう。  

管理温度 10℃~25℃

フィロデンドロンシルバーメタル

フィロデンドロンシルバーメタル

サトイモ科

フィロデンドロンの1種で、光沢のある銀色の葉が特徴です。管理方法は基本とおなじです。丈夫部ですが、時々明るい場所に出してやりましょう。肥料は二ヶ月に一回粒状肥料を与えます。  

管理温度 10℃~25℃

ベゴニアレックス

ベゴニアレックス

ショウカイドウ科

インドのアッサム原産です。葉は濃い緑色で、桃色ちゃ銀色の斑がはいるなど、個性的で存在感があります。肥料は液肥を二週間に一回与えます。空中湿度が高い状態を好みますが、根が過失になると痛みます。

管理温度 10℃~25℃

エケベリアセダム

エケベリアセダム

ベンケイソウ科

紅や銀がかかる色合いやユニークな造形が楽しめる多肉植物です。夏は明るい日陰で、それ以外は日なたで管理します。長く室内に置くと弱るので、時々野外で回復させます。肥料はほぼ必要ありません。

管理温度 0℃~25℃

前のページへ

次のページへ

ページトップへ