シックハウス症候群対策

シックハウス症候群とは

新築や改築した住居によくみられます新築や改築した一般住宅で入居したとたんに、めまいや吐き気、目やのどのかゆみといった症状をうったえる人が増えています。、この症状を広くシックハウス症候群といいます。シックハウス症候群の症状は個人差が大きく、また本人にしかわからない症状が多く、自律神経失調症や精神疾患などと間違われてしまったり、なんとなく調子が悪いと思っていても、それがシックハウス症候群だと本人も気付かないことが多くあります。

シックハウス症候群の原因

シックハウス症候群の原因近代的な建物の室内には化学物質を使用した建材が多く使われています。それらのものには微量の有機ガスが含まれています。住居の気密性が高くなるにつれて、これらの室内濃度が高まり、それが人体によくない影響を及ぼします。室内汚染をもたらす物質としては、建材の接着剤にふくまれているホルムアルデヒド、石の建材にはいっている放射性物質のラドン、タバコの煙、断熱材や防音材のアスベスト、アレルギー疾患をひきおこすさまざまなアレルゲン、ガスストーブなどから排出される排気ガスなどが知られています。

観葉植物でシックハウス対策!

観葉植物のシックハウス対策効果上記のように建材などが発する有機ガスがシックハウス症候群の原因となるので、換気をまめに行うなどといった換気対策はもちろん重要ですが、観葉植物にはシックハウス症候群の原因になる有機ガスを浄化する働きがあるといわれています。NASAの研究では観葉植物を始めとする植物にはこのような微量有機ガスを吸収除去してくれるものがあることが確認されています。大学などの研究でも観葉植物にはシックハウス症候群の原因となる化学物質を吸収する働きがあることが明らかになっています。また、観葉植物は緑により目の疲れをいやしてくれたり、ストレスを軽減させる視覚的癒し効果もあるといわれています。現代社会のようにライフスタイルが自然から切り離されてしまうと、人間の精神は不安定になってしまいます。観葉植物と一緒に健康的で癒しのある暮らしをしてみませんか?

スポンサードリンク

ページトップへ