エアープランツ(チランジア)の育て方・写真

エアープランツ(チランジア)写真1エアープランツ(チランジア)写真2エアープランツ(チランジア)写真3エアープランツ(チランジア)写真4

エアープランツ(チランジア)

学名
Tillandsia spp
分類
パイナップル科
原産地
アメリカ南部~アルゼンチン

エアープランツの育て方

置き場所

置き場所は明るい日陰(半日陰)が適しています。室内ならレースのカーテン越しの柔らかい日がはいる場所などがよいでしょう。日陰ではよく育ちません。戸外で育てる場合も同様で直射日光の当たらない明るい日陰で育てましょう。風通しをよくすることも非常に大切なポイントで、風のない場所では、育ちません。明るい日陰で風通しのよい所で育てましょう。

水やり

やや高めの湿度を好み、こまめな水やりがポイントとなります。
葉水は3~4日に1回、洗面器などに水を張ってそこに株ごと浸して水を吸わせる(ソーキング)を2週間に1回を目安に行います。夏と冬は生育が鈍るので水やりの回数を減らしてやや乾かし気味にするとよいでしょう。

肥料

用土・肥料は必要ありません。

特徴

エアープランツ(チランジア)は樹木の枝や岩石の上に着生し、さながら空中で生育しているように見え、土を必要としません。そのことがエアープランツの名前の由来になっています。多くの種は乾燥に非常に強く、時折葉を濡らす雨程度の水分で生育できることがます。用土を必要としないために、単に置くだけでもかまいませんしコルクや樹木に貼り付けたり、色々と飾り方に工夫できるのも利点で親しまれています。

エアープランツの増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ