アジアンタムの育て方・写真

アジアンタム写真1アジアンタム写真3アジアンタム葉写真2アジアンタム写真4

アジアンタム

学名
Adiantum raddianum
分類
ワラビ科
原産地
熱帯アメリカ

アジアンタムの育て方

置き場所

年間を通じ明るい日陰に置き、直射日光は避けましょう。湿度の高い場所を好む植物です。

水やり

葉水をこまめに与え、湿度を保つことが大事です生育期には十分に水を与えますが冬はやや控えめにしましょう。

肥料

肥料の与えすぎは厳禁です5~9月の間、月に1回、薄めの液肥を与えれば十分です

特徴

普通は根茎はやや横に這い、多数の葉をつけます。葉は普通は羽状複葉ですが、一部には特殊な型のものや単葉のものも知られています。軸は細くて硬く、針金のようで、黒か褐色に色づき、つやがあります。小葉は薄く、外側の縁が裏側にめくれるようになって、それに覆われるようにその下に胞子のう群がつきます。ただし、ワラビなどのように縁に沿って長く続くことはなく、個々の胞子嚢群は半円形等、短くしかなりません。一つの小葉に複数の胞子嚢群をつける場合は、個々には半円形のものが葉の縁に数珠繋ぎに並びます。

アジアンタムの増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ