ベンジャミン の育て方・写真

ベンジャミン 写真1ベンジャミン 写真2ベンジャミン 写真3ベンジャミン 写真4

ベンジャミン

学名
Ficus benjamina
分類
クワ科
原産地
インド

ベンジャミンの育て方

置き場所

ベンジャミンは日光を好む植物です。春~秋は戸外やベランダのよく日の当たる場所に置いてがっしりした丈夫な株にしましょう。日当たりが悪いと枝が間延びして葉色、ツヤが悪くなります。最低気温5度以上は必要です窓際など、必ず日当り、風通しの良い場所で管理して下さい。悪環境は落葉の原因となります。万一、落葉し始めた場合、明るく風通しの良い場所に移動し、水は土が乾くまであげないで下さい。

水やり

ベンジャミンは乾燥を嫌い、多湿気味の環境を好みます。特に春~秋は生育が旺盛で、その分水をたくさん必要とします。土の表面の状態をよく観察し、ある程度乾いてからやるのがコツです。土が湿っている状態で繰り返し必要以上の水やりを行うと根が窒息し、根腐れの原因になる場合があります。土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えましょう。同時に空気中の湿度を上げるために霧吹きなどで葉水してにもたっぷりと水をかけます。 冬は生育も緩慢になるのでさほど水を必要としません。水やりの回数を減らし土の表面が乾いてから水を与えるようにしましょう。

肥料

肥料は春~秋の生育期間中、1ヶ月に1回与えます。肥料はたくさん与えると枝葉が伸びすぎて乱れてしまうので、さほどたくさん必要ありません。また、冬は根を傷めてしまうので肥料は与えないでください。

特徴

ベンジャミンは樹高20mにもなる高木で、茎がくるくるとねじれていたり、編みこまれている形のものが一般的です。葉はガジュマルに似ますが枝が下垂することで区別します。育てやすさと丈夫さで、人気の高い観葉植物のひとつです。ねじれているものは、高価なものが多いようですが、ねじれていない、まだ若木のものは、安価で購入しやすいようです。ネパールやインドでは神聖な木として崇められています。観葉植物の定番ともいえる植物です。

ベンジャミンの増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ