ドラセナ・コンシンネの育て方・写真

ドラセナ・コンシンネ写真1ドラセナ・コンシンネ写真2ドラセナ・コンシンネ写真3ドラセナ・コンシンネ写真4

ドラセナ・コンシンネ(マルギナータ)

学名
Dracaena marginata
分類
リュウゼツラン科
原産地
マダガスカル

ドラセナ・コンシンネの育て方

置き場所

ドラセナ・コンシンネは明るい場所を好みます。レースのカーテン等で少し日差しを遮った(遮光)窓際やリビング、もしくは午前中だけ日差しが入る場所に置いて下さい。光が足りないと株が軟弱になり葉が垂れ、斑の色が薄くなります。最低気温10度以上は必要です。春から秋には戸外栽培がよいでしょう。

水やり

土の表面が乾いたら鉢底から染み出る程度、タップリと与えて下さい。受皿に溜まった水は根腐れの原因の一つになるので必ず捨てましょう。高温期にはときどき葉水をします。冬は生育も鈍りますのでさほど水を必要としません。土の表面が乾いて数日してから与えます。

肥料

4~11月中はマグアンプなどの緩効性肥料を1ヶ月に1回与えるか、ハイポネックスなどの液体肥料を2週間に1回与えます。

特徴

ドラセナ・コンシンネは縦縞模様の緑と赤のコントラストが魅力的で
観葉植物では比較的育て易く、新築祝いや開店祝いなどの、贈り物にもよく贈られて昔から人気のある観葉植物です。茎は細長く伸びるのが特徴で、陶器鉢次第で、いろいろなイメージに変身させられます。種類は上の葉の青いものや下の葉が赤い種類などがあり、育て方は同じです。

ドラセナ・コンシンネの増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ