幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)の育て方・写真

幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)写真1幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)写真2幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)写真3幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)写真4

幸福の木の育て方

学名
Dracaena fragrans Massangeana
分類
リュウゼツラン科
原産地
熱帯アメリカ

幸福の木の育て方

置き場所

幸福の木は明るい場所を好みますが直射日光にあたると葉焼けを起こします。レースのカーテン等で少し日差しを遮った(遮光)窓際やリビング、もしくは午前中だけ日差しが入る場所に置いて下さい。光が足りないと葉が徒長して細くなり、黄色の縦斑の色が薄くなります。幸福の木は寒さに弱いので注意が必要です。最低気温15度以上は必要なので、春から秋には戸外栽培ができますが明るい室内に置くことが望ましいです。

水やり

土の表面が乾いたら鉢底から染み出る程度、タップリと与えて下さい。受皿に溜まった水は根腐れの原因の一つになるので必ず捨てましょう。高温期にはときどき葉水をします。冬は生育も鈍りますのでさほど水を必要としません。土の表面が乾いて数日してから与えます。

肥料

4~11月中は緩効性化成肥料(置き肥)を定期的に適量与えて下さい。併行して薄めた液体肥料を水替りに3回に1回の割合で与えるのも良いでしょう。冬は肥料を与える必要はありません。

特徴

ドラセナ・マッサンゲアナは「幸福の木」として親しまれています。フラグランスの枝変わり種で、葉は緑色の中央に黄色の縦斑が入ります。名前の由来は故郷に関係があるのです。南の島では生命力が旺盛で、非常に寿命が長いところから縁起がよいとつけられたらしいです。新築祝いや開店祝いなど新しいことへの始まりの贈り物に喜ばれる人気の観葉植物です。

幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)の増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ