ホヤの育て方・写真

ホヤ写真1ホヤ 写真2ハートホヤ写真1ハートホヤ写真2

ホヤ

学名
Hoya carnosa
分類
ガガイモ科
原産地
日本南部、中国~豪州

ホヤの育て方

置き場所

ホヤは明るい場所を好みます。日当たりの良い場所がおすすめです。真夏は日射しが強すぎて葉が痛んでしまいますので直射日光の当たらない明るい日陰で育てます。暑さには強い反面、寒いのは苦手です。5℃以下の気温下では生育が衰えて枯れてしまう心配がありますので、最低でも5℃程度は保てる温度変化の少ない場所で管理しましょう。

水やり

ホヤは、鉢土の表面が乾いたら、たっぷり水やりします。乾燥に強い植物で逆に水をやりすぎると根を痛める場合があります。また、空気中の湿度が高い環境を好みますので夏は霧吹きなどで葉に水をかけるとなおよいでしょう。冬は10日に1回程度の水やりで良いでしょう。

肥料

夏の生長期のみ緩効性化成肥料(置き肥)か、液体肥料を10日に1回ほど与えます。

特徴

ホヤはつる性の植物で茎の途中から「気根」と呼ばれる根を出し、樹木の幹などに張り付いて大きくなっていきます。葉っぱだけを植えた鉢が市場に多く出ていますが、本来は茎から気根をだして他の物に付着し、つる状に伸長する低木の植物です。可愛らしいハート形のキュートな形をした葉をもつ「ホヤ・カーリー」には、恋が成就するという言い伝えもあり人気があります。

ホヤの増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ