モンステラの育て方・写真

モンステラ写真1モンステラ写真2モンステラ葉写真モンステラ果実写真
モンステラ写真1モンステラ写真2モンステラ葉写真モンステラ果実写真

モンステラ

学名
Monstera adansonii
分類
サトイモ科
原産地
熱帯アメリカ

モンステラの育て方

置き場所

モンステラはあまり強い光を好みません。特に真夏の直射日光にあたると葉焼けを起こします。レースのカーテン越しのような柔らかい光を当てて育てます。暑さには非常に強いのですが寒さにはさほど耐性を持っていません。冬は5℃くらいの気温まで耐えますがベランダなどで育てている場合は室内に取り込みましょう。モンステラは葉っぱが大きい物が多いので室内で育てているとホコリがたまってしまいます。時々水で濡らしたティッシュやガーゼなどで葉の表面を軽く拭いてあげましょう。

水やり

モンステラは、水分を好みますので水やりは一般的な鉢物よりやや多めに与えます。夏は特に乾きやすいので土の乾き具合を見つつ、毎日水を与えます。ときどき葉水をしてあげるとよいでしょう。春、秋は鉢土の表面が乾いたら鉢底から出るくらいたっぷりと与えます。冬は生育が衰えるのであまり水を必要としません。土の表面が乾いて更に2~3日経過してから水を当たるようにします。モンステラは水やりの回数を調節することによって成長の度合を調節する事ができます。生育期にたくさん水やりを行うと大きくなります。ただ与えすぎには注意してください。

肥料

室内置きでも適温と光量があれば十分に育ちますので定期的に緩効性化成肥料(置き肥)を与えます。又、水替りに3回に1回の割合で希釈した液体肥料を併用しても構いません。あまり肥料を与えすぎると大きくなりますので、室内でコンパクトに育てたい場合はひかえめにしても良いでしょう。

特徴

南国ムード満点のモンステラは葉に深い切れ込みや穴がある、ユニークな形が特長の観葉植物です。代表的な品種は「モンステラ  デリキオサ」 で葉が80cmにも達する大型の品種です。非常に変わった葉を持っていることから、モンステラの名前の由来にもなっているようです。生長した花は夏に花を咲かせますが一般家庭で育てている場合は開花しにくいです。また、食用の果実を実らせます。一般的には流通していませんが香りがよくてバナナとパイナップルをあわせたような味で少しえぐみがあります。モンステラは非常に人気がある観葉植物で映画のジャングルのシーンによく使用されます。

モンステラの増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ