ストレリチア・オーガスタ

ストレリチア・オーガスタ写真1ストレリチア・オーガスタ写真2ストレリチア・オーガスタ写真3ストレリチア・オーガスタ写真4

ストレリチア・オーガスタ

学名
Strelitzia
分類
バショウ科
原産地
南アフリカ

ストレリチア・オーガスタ の育て方

置き場所

最低気温5度以上は必要です日当りと風通しの良い場所に置いて下さい。オーガスタはやや乾燥気味を好み、過湿を嫌います。光線不足になると葉茎の間伸び(徒長)や葉色が薄くなったり、花着きが悪くなります。

水やり

土の表面が乾いたら鉢底より染み出る程度タップリと与えます。粘土質の土に植えられている事が多くあり、乾燥しすぎるとヒビ割れが発生します。

肥料

春~秋の生育期に緩効性化成肥料(置き肥)を3回程度与えます。が与え過ぎに注意してください。

特徴

オーガスタは、バナナのような葉が特徴的で、鳥が飛び立つような姿から日本では、「ゴクラクチョウカ」呼ばれています。くちばしに見える部分が苞で、オレンジ色と紫色のトロピカルムード満点の鮮やかな花を咲かせます。。しかし、花は、大きくならなければ、咲くことがなく、株分けを行ってから、花が咲くまでに5年かかるといわれています。特徴のある自慢の花は、切り花としても人気があります。

ストレリチア・オーガスタの増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ