オリーブの育て方・写真

オリーブ写真1オリーブ写真2オリーブ写真3オリーブ写真4

オリーブの木

学名
Olea europaea
分類
モクセイ科
原産地
地中海地方

オリーブの木の育て方

置き場所

一年を通してよく日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと枝が細くなって生育も悪くなります。気温的には-2℃~3℃くらいまで大丈夫なのですが、(寒くても凍らせなければ大丈夫です。)

水やり

もともと乾燥気味の土壌を好みますので地植えにした場合は真夏に日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えるようにします。

肥料

肥料は植え付ける際にあらかじめ油かすを土に混ぜ込んでおきます。追肥は春と秋に1回ずつ油かすを株元に与えます。

特徴

オリーブの木の枝は、ハトとともに平和の象徴とされることが多いらしく、葉は細い楕円形で、表は緑色、裏は鱗片が密生して銀白色を帯びているのが特徴です。5~6月ごろ乳白色の小さな花が咲き、実が着きますが、10~11月頃完熟して黒紫色になります。しかし、花が咲いて実が成るのは樹齢8年以上の木です。幼苗の状態では花が咲きませんので注意してください。一般家庭ではオリーブオイルを獲るために栽培している人はいないと思いますが、実を付けるには、違品種を2種以上揃える必要があります。オリーブ1本では、難しいようです。

オリーブの木の増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ