棕櫚竹(シュロチク)の育て方・写真

棕櫚竹(シュロチク)写真1棕櫚竹(シュロチク)写真2棕櫚竹(シュロチク)写真3棕櫚竹(シュロチク)写真4

棕櫚竹(シュロチク)

学名
Rhapis humilis Blume
分類
ヤシ科
原産地
中国東南部

棕櫚竹(シュロチク)の育て方

置き場所

棕櫚竹(シュロチク)は半日陰を好みます。1年中、明るい室内に置くことが望ましいです。耐陰性はかなりありますが、光線が足りないと株が軟弱になります。直射日光にあたると葉焼けを起こします。カーテン越し程度の明るさのところに置きましょう。最低気温0度程度は必要です寒さに強く、半日陰にも良く耐えます。直接霜があたらない限り冬越しします。急激な温度変化はよくありません。

水やり

棕櫚竹(シュロチク)の水やりは一般的な鉢物と同程度でよく、鉢土の表面が乾いたら鉢底から出るくらいたっぷりと与えます。溜まった水は、根腐れの原因のひとつとなりますので捨てる様にして下さい。高温期にはときどき葉水を与えます。またシュロチクの場合、用土に砂が混ぜられていることが多く、水はけが非常に良いので、生育期はタップリとマメに与え、水不足にならないよう注意が必要で す。

肥料

春~秋にかけてマグアンプなどの緩効性肥料を1ヶ月に1回与えるか、ハイポネックスなどの液体肥料を2週間に1回与えます屋外で管理している場合は、冬~春にかけて有機肥料を併用するとよいでしょう。

特徴

棕櫚竹(シュロチク)はカンノンチク同様、和風のお店や、アジアン調のインテリアにも非常にマッチします。葉は掌状葉で、幹は黒褐色の繊維に包まれています。株立ちでよく叢生し、カンノンチクに比べ小葉は幅が狭く、葉肉が薄く、成長もおそく、比較的低温に強い。屋久島では多く自生しています。落ち着いた雰囲気の情緒豊かな植物です。

棕櫚竹(シュロチク)の増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ