フィロデンドロン・セロームの育て方・写真

フィロデンドロン・セローム写真1フィロデンドロン・セローム写真2フィロデンドロン・セローム写真3フィロデンドロン・セローム写真4

フィロデンドロン・セローム

学名
Philodendron selloum
分類
サトイモ科
原産地
ブラジル、パラグアイ

セロームの育て方

置き場所

セロームは1年中、明るい室内に置くことが望ましいです。日射しが強いと葉焼けをおこしてしまいますので春と秋はレースのカーテン等で少し遮られた(遮光)、明るく風通しの良い場所で育てましょう。日陰だと、葉の茎が間伸び(徒長)したり、新芽の色が白っぽくなりますのでくれぐれも注意してください。

水やり

セロームは非常に水を好むので土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。高温期にはときどき葉水を与えます。空気中の湿度が高いと気根もたくさん出て生育も良くなります。冬は生育がにぶるので乾かし気味に管理します。土の表面が乾いてから数日開けて水やりを行いましょう。

肥料

4~9月中の生育期には、マグアンプなどの緩効性肥料を1ヶ月に1回与えるか、ハイポネックスなどの液体肥料を2週間に1回与えます。冬は肥料を与える必要はありません。

特徴

ジャングルを連想させる気根と大きな葉っぱが魅力の観葉植物セロームです。実に多彩な種類のある植物で茎が立ち上がる品種とつる性の品種があります。茎はやや木質化して直立します。つる状にはなりません。葉が落ちた後には丸い斑紋が残り、そこから太い褐色の気根を伸ばします。株が大きくなると葉は1メートルにもなります。種子発芽した小さな株をミニ観葉とすることもあります。

セロームの増やし方

スポンサードリンク

ページトップへ